ワガママな洗顔料選び

低刺激性の化粧品にも過敏に反応してしまうというやっかいな肌を持つ私。

また、アレルギー持ちということもあり、うっかり体質に合わないものを使おうものなら即カユカユのブツブツになってしまうので、自然と化粧品選びには慎重になります。

もちろん洗顔料にも気を使います。

洗顔料はすぐに洗い流してしまうものなので、他の基礎化粧品と違ってあまり影響がないようにも思えますが、それなりの影響力があるので敏感肌且つアレルギー体質の私には死活問題だったりします。

理想としては、「低刺激」で、でも「ある程度の洗浄力」はキープしてて欲しいし、さらに欲をいえば「汚れを落とすだけでなく、洗うことで何かプラスαがある」洗顔料を探してそれはもういろいろと試してみました。

チューブタイプの洗顔フォーム、いわゆる「石鹸」という固形のもの、粉末状で泡立てて使うもの…などなど。

そして、そんなワガママ肌と要望を満たしてくれたのが「ラフラのマシュマロオレンジ」です。

これは泡で出てくるタイプで使う時まで中身が空気に触れることがなく、劣化しにくい環境にあるので防腐剤は少なめだろうと期待して使いましたが、まさしく期待通りの使用感で刺激はほとんど感じませんでした。

もちろん無着色・無香料・無鉱物油で肌に優しいというポイントはクリアされているし、忙しい朝も泡立ての手間が要らず、また、炭酸ガスを使用しているので血行が促されて新陳代謝が促される点、ピーリング効果がありながらもマイルドな使用感、泡が濃密でキメ細かいので気持ちが良く、とにかく気に入って使い続けています。

使い続けてきて一番顕著に感じていることが、毛穴汚れが目立たなくなったことです。

合わせてラフラのクレジンジング「バームオレンジ」を使っていることも相乗効果として現れているのかもしれません。

肌のコンディションも安定しているので毎朝の化粧ノリもいいですよ。

また、今ひそかに気になっているのがテンデシカという炭酸の洗顔料です。

⇒詳しい情報はこちら

こちらもお肌に優しそうだし、今度試してみようかな。