格安料金で引っ越しするための秘訣

格安料金で引っ越ししたいと思っていても、がむしゃらに業者に値引き要求するだけではうまくいきません。

引越し業者があえて値引きしてまで仕事が欲しいと思うえるように誘導しないと、格安料金と言えるまで値下げはできないでしょうし、いたずらに労力ばかり使ってしまいます。

そこで、このページでは元引越屋の私が効率が良い業者との価格交渉で格安引越しができる秘訣をご紹介したいと思います。

まず理解して欲しいのが、引っ越しの相場は時期やその他の条件で大きく変動するといくこと。同じ4t分の荷物であっても条件が良い安い時期には6万円でできる場合もありますし、繁忙期の高い時期には30万円を超えたとしても私は驚きません。

知り合いが大手引越し業者で6万円で頼めたよと聞いたとしても、全く参考にはならないのです。

引越し料金で格安に収めるために、何よりも大切なポイントは引越し時期です。前述したように高い日と安い日では数倍の差が普通にあるのがこの業界。

融通が利くのであれば、引っ越し料金が安い日の条件を知って予定日としましょう。

引っ越し料金が安い日っていつなの?

引っ越し料金が安い日とはトラックの予定日が埋まりにくい業者が暇な日です。一般的には休日より平日の方が暇になりますが、それ以外にもいくつか条件があります。

3月、4月以外
月末よりも月初や中旬
友引、大安以外の日

3月、4月以外

3月、4月は引っ越しの繁忙期(シーズン)と呼ばれて1年で最も忙しくなる時期です。この時期ばかりは普段の月の数倍もの料金が提示されるのも珍しくありません。

断わっても次々依頼が舞い込む時期なので、引越し業者側も強気の営業ができる唯一の時期と言って良いでしょう。

引越し料金を格安費用に収めたい人は絶対外すべき時期と言えます。

月末よりも月初や中旬

賃貸などの契約の関係上月末に退去するケースが多いので、比例して引っ越しの需要も高くなります。賃料を日割り計算してくれる大家さんであれば、月初や中旬に引越し日を変更するだけでより安い引越し料金で業者に依頼することができます。

友引、大安以外の日

六曜の友引や大安は以前から引っ越しをするのに縁起が良い日として人気がありました。結婚式をこれらの日にするのはもちろんのこと、婚礼引越しや新築を立てた場合などは、この日に引っ越ししたいという人が多いようです。

特にご年配の方や田舎の地域では、これらの日が特に選ばれる傾向が高いです。もし、あなたが引っ越し日に縁起を気にされないなら、これら以外の日を選ぶことで激安引越しできる可能性がぐっと高まります。

複数業者から見積もりをもらう

複数の引越し業者から見積もりをもらうことができれば、中には格安料金でしてくれるところもあるでしょう。また他社との仕事の取り合いで値引き額が上がることもあり安くしたいなら外せない方法です。

できるなら3社以上の会社から見積もり料金を聞き、引越し料金を値引きさせましょう。売上高が同じくらいのライバル企業が入っていれば、営業マンががんばって値引きしてくれる可能性も高まります。

コストパフォーマンスを考慮すると、引越し予定日の変更と複数の業者から見積もりを取ることが、最も効率が高く引越し料金を格安でできる方法です。

一括見積もりで見積もり時間を短縮しよう

複数の引越し業者から見積もりを取る方が良いと言いましたが、候補となる業者を探し出して一社一社にそれぞれ連絡していくのって意外に手間です。

また合い見積もりが分かった時点で、横柄な態度を取るような引越し業者も珍しくありません。

そんなデメリットを解消できるのが一括見積もりです。あなたは自分の住所や運ぶ荷物、その他の条件をたったの一度入力するだけで、対応する引越し業者を自動的に選び最大10社に見積もり依頼を送信してくれます。

業者選定の手間が省け、全く同じ条件で料金比較できるでとっても便利なサービスです。

一番安い引越し業者を見つけるのに、今や外すことができないサービスです。

仮に料金だけで引っ越し業者を決めたくないあなたにとっても参考になるコンテンツが一括見積もりサイトには豊富にあります。

引越し料金の相場をチェックできるシミュレーション

引越し料金の相場がわかっていれば業者との駆け引きにも有利に進めることができるかもしれません。

一括見積もりサイトには、条件入力によって自動的にあなたの引越しの料金相場があるシミュレーションが搭載されています。

荷物量、新居までの距離、引越し時期を入力することで引越し料金の相場がシミュレーションで表示してくれます。

口コミで引越し業者のサービスの質を見極める

見積もりをくれた引越し業者から丁寧なサービスを受けられるかは、実際に利用した人の口コミ内容で調べるのが一番です。

でも、公式サイトにあるような口コミを参考にするのはおすすめできません。厳選された良い口コミばかりである可能性が高いからです。

一括見積もりなら公平な視点の口コミが2万件も投稿されており、あらゆる引越し業者のサービスの質を知ることができます。

その引越し業者からどんなサービスを受けられるか、口コミを見れば一目瞭然ですよ。

参考サイト
引越し料金安くし隊
引越し料金安くし隊で、格安料金を勝ち取ろう。元引越屋が教える格安引越し術が満載の情報サイト。知っているだけで半額も夢じゃありません。

引越し料金安くし隊によるメリットはたんに安い価格で引っ越しができるだけではありません。ちょっとくらい安かったとしても横柄な態度を取られたり雑な作業で荷物や新居を傷つけられたりしたら、サービスを受けたことによる満足度は低いでしょう。

安かろう悪かろうの引越し業者との契約を防ぐためには、失敗しないための情報をじっくりと精査する必要があるのです。引越し料金安くし隊では、あなたの引っ越しで失敗しない為の情報もたっぷりと掲載しています。

万が一のトラブルを防ぎ、気持ちよく新生活を新居で迎えるためにも引越し料金安くし隊は役立つサイトです。

引越し料金を格安にするには様々な条件がある

引っ越しを委託する業者の採択の方法をミスすると、高い料金を払わされてしまう危険性もあります。引越し業者をランキング方式にて披露しているホームページを閲覧しておいた方が賢明です。
引越しにかかる費用の相場というものを知らないとおっしゃるのであれば、幾つかの業者の引越し料金を比較することをオススメします。相場さえ知っておけば、デタラメな金額を強要されることもなくなるはずです。
引越し料金の金額のみ気にして、その引越し料金を比較してしまう人は多いですがサービスプランにも着目しましょう。サービスが雑で価格が安いところは候補から外しましょう。
引越し費用の見積もりを申請する場合は、希望事項をきっちりと伝えることが大切です。運搬すべき荷物を嘘をついて少なく申告すると、追加料が掛かるので注意しましょう。
現在の部屋から引っ越しする先の部屋へとピアノ運送をするような場合でも、専門家に依託すればスムーズに事が運びます。業者も数多くありますが、その中にはピアノ運送を中心業務にしている業者も見られるのです。

引っ越しで発生した不用品を処分したい時に、引越し業者にお願いするのも悪くないと言えます。無料で処分というのは無理かもしれませんが、大変な思いをしなくて済むので手軽だと思います。
引越し業者に見積もってもらうという時は、それより先にいくつか主だった業者を選出しておかなければなりません。引越し業者を比較することにより、各業者のサービスの本質が明らかになります。
格安の引越し料金にしたいと言うなら、手始めになるだけたくさんの専門業者をピックアップしてください。その上で、それらの業者に依頼をして見積もり料金を出してもらうことができれば、どこよりも安く済む業者を見つけ出すことができるでしょう。
引っ越しする家には必要な荷物だけを運び、必要ではないものは廃棄しましょう。運んでもらう荷物を厳選することが、格安料金で引越しするための要件だと言って間違いありません。
あまり知られていない引越し業者を利用しようとすれば、やっぱり心配になるはずです。引越し業者の評判が紹介されている口コミサイトを読んでみれば、純然たる評価がわかると思います。

自分の中では不必要なものでも、他人にとっては欲しいものだということだってあり得ます。そう思うと、引っ越しの機会にごみの再利用業者などに無償で不用品を処分するよう頼むというのはやめた方がよいかもしれません。
ダンボールを買おうとすると、意外にも値段が高額であることに驚くことでしょう。ダンボールなどの梱包資材の無料サービスを標榜している引越し専門業者のみをチョイスして、それらの引越し業者を比較検討してみても良いかもしれません。
日本には様々な引越し業者が営業しています。その地区限定で請け負っている業者から、全国的に広く知られている業者まで様々だと言えます。充分に引越し業者を比較した上で選定すべきです。
単身の引越しをする場合も、荷物を運送する車の大きさで掛かる金額がまったく違ってしまいます。できるだけ引越し費用を安くしたいなら、大きな家具類を運ぶのは回避するしかないと思います。
単身の引っ越しを引越し業者には依頼せずに行うつもりなら、家財道具すべてを運ぶための軽四輪トラックを手配する必要があります。レンタカーを借りると、予想した以上に高くつくでしょう。

引越し費用を安くするには工夫が必要です

引越し専門業者に見積もりを出してもらうといった時は、それより先に5社前後の業者を選び出しておきましょう。引越し業者を比較して初めて、業者毎のサービスの違いがはっきりします。
引っ越しが決まって、ピアノ運送を利用しなければならなくなったというのなら、何はさておき良さそうな業者に見積もり依頼をするようにしてください。そうすることで、おおよその費用相場が把握できるはずです。
引越しに特化した口コミサイトをチェックすれば、全国に支店を持つ業者から地域密着型の無名の業者まで、さまざまな引越し業者の評判を知覚することができるのではないでしょうか?
引越し料金ばかりに着目し、その引越し料金を比較してしまう人は多いですがサービスの特徴にも留意しましょう。サービスが雑で割引が大きいところは不安な印象があります。
引越し業者をランキングのスタイルで紹介しているサイトがネット上にあるのですが、知っていましたか?トップとなっているところは、オールマイティーに顧客満足度が高くなっているのが分かるでしょう。

今の今まで世話になったエアコンをどうすべきか悩んでいるのではありませんか?エアコンの引っ越しは何かと時間がとられ大変だと思うようであれば、引越しが完了した後に買い替えましょう。
エアコンを引越し後の家でも使いたいと言うのであれば、エアコンの引越しを受け付けている業者に見積もりを依頼してください。最も低額な業者を探し出すことが可能になるはずです。
経験談を確かめれば顧客の満足度合も浮き彫りになります。引越し業者の評判を見定めて、引越し業者を選択する際の指標にすれば良いと思われます。
引越し費用の見積もり依頼を1か月ほど前にする人が過半数以上いるそうです。引越しの当日まで大して日数がないと多忙を極めることになるので要注意です。
引越し業者の評判は、引越し関連の情報サイトに記載されているクチコミをチェックすれば把握することができるでしょう。もちろんことごとく信用するのはやめておくべきです。1つの参考にする程度であれば問題ないと言えます。

引っ越しすることになったら、引越し業者に依頼することをお勧めします。引越し業者について言えば、「名の通った会社だから安心できる」とか「名が通っていないからあらが目立つ」と決めつけるべきではありません。引越し業者を比較した上で決定しましょう。
引越しと一緒に行うピアノ運送は慎重さが必須になりますから、経験豊富な業者に頼むことを最優先にしましょう。大事なピアノの音質を損なわないためにも、信頼に値する業者選びがカギになります。
引越しの料金相場が幾らなのかを把握したいのなら、ネットを介してできる一括見積もりを利用して何とか4~5社の業者に見積もりを申し込みましょう。見積もりの結果提示された料金の平均値がおよその引越し料金の相場なのだと言っても良いと思います。
ほとんど使わないものや家具・家電などの大きなごみを確実に処分しておかないと、引越し先まで搬入することになる可能性が出てきます。引越し日を考慮して、先に不用品を処分しておくことを心掛けてください。
引越し業者の選定でミスを犯さないためにも、書き込みを判断基準にしませんか?良さそうな引越し業者の評判であったり引越しの手際の良さなどを理解することも簡単だと思います。